横浜
2017年7月6日・7日
部品温度予測技術の車両開発適用

デジタル試作フェーズにおけるCFDによる性能評価のため、当社ではエンジンルーム内の通気性、熱気回り込みや定常走行からキーオフといった過渡状態における車両床下部品の温度を予測する技術の向上を行っている。エンジンルーム内の熱交換器性能、床下の部品温度を精度良く計算するには、冷却ファン計算精度、部品や熱源の物性値が重要となる。本講演ではこれらの解析精度向上の取り組みと車両開発適用事例について報告する。

講演者: 
Koichi Ishikawa - Mitsubishi Motors Corporation
Session Time Slot(s): 
Allowed Types: 
Session

STAR Japanese Conference 2017

2017-07-06 10:00 to 2017-07-07 18:00

『STAR Japanese Conference2017』は、お陰をもちまして盛況のうちに修了いたしました。
 

STAR Japanese Conference2017』では、STAR-CCM+®ソフトウェアやHEEDS™ソフトウェアといったMDX製品群のご利用ユーザー様によるエンジニアリングシミュレーション適用事例のご発表をはじめ、弊社より最新のCAE・CFD技術のご紹介など様々なプログラムをご用意しております。車両、重工業、化学、電気・電子、エネルギー、建築、医療機器といった幅広い産業分野における問題解決やコスト削減、イノベーションにつながる最新情報を獲得できる国内最大級のCAE・CFDカンファレンスへご登録の上、是非ご参加ください。

【開催概要】
日時:2017年7月6日(木)10:00~18:00予定  [18:00 より懇親会を開催予定]
     2017年7月7日(金)10:00~17:20予定
    ※受付開始 9:15~

会場:横浜ロイヤルパークホテル 宴会棟3F 大宴会場「鳳翔」 (横浜市西区みなとみらい2-2-1-3)
参加費:無料(事前登録制)


【プログラム】
●プログラムPDFはこちら  ●詳細プログラム(アブストラクト含む)はこちら

※競合他社様の登録はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

お問合せ先:
シーメンスPLMソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社

E-mail: event-jp@cd-adapco.com
Tel: 045 475 3285

ユーザー発表募集

STAR Japanese Conference 2017での講演を募集いたします。

スポンサーパッケージ

協賛募集

Siemens PLM Software 2016